本文へスキップ

お風呂の床



お風呂の床掃除方法


お風呂の床

お風呂場の床は気を抜くとすぐに汚れてしまいますよね!いつもの立ち位置とか、椅子を置いて座る場所の周辺の中心に黒ずんできていませんか?

靴を履けばムレルてしまうし、スリッパを履かないで歩かないといけない場合もあるし、子供だったら裸足で遊んだりして足って結構汚れていますよね?

家族全員がだいたい同じ場所に毎日足を置けば汚れるのも当然!

さらに頭皮の汚れや、体の汚れてを綺麗に洗い流した汚水を足で踏めば、床が汚れていくのも当然!

まして最近のお風呂場の床表面は凸凹していて水切れを良くする構造になっているために、水捌けは良いのですがその凸凹部分に、色々な汚れてが溜まっていって床が黒ずんでいくのです。



上の写真を見て、右側と左側の違いが分かりますか?
左側が掃除前の汚れた床で、右側が強 力カビハイターを散布した結果です。
お風呂場のカビでやったように散布するだけで、これだけの成果が得られるので我が家では
この程度の汚れなら強力カビハイターの散布でこまめに落とすようにしています。
強力カビハイターを散布する時は水気があると散布した強力カビハイターが流れてしまうので
我が家では万能クロス シャムワウ を使って、水気を取って散布するようにしています。

それでもスッキリしない場合は、強力カビハイターを洗い流す前にブラシでこすってやれば
より一層、汚れが落ちます。

と!今まではやっていましたが・・・小林製薬さんが凄い新製品を開発してくれました。

ジャリピカです。


極細ブラシ付き専用スポンジ・とろける重層スクラブ洗剤でデコボコ床の黒ずみを落とし、スクラブ入りの洗剤と、極細ブラシで細かい溝の汚れをかきだします。


この極細ブラシ付きの専用スポンジと、とろける重層スクラブ洗剤が綺麗に床の細かい溝の汚れをかきだして落としてくれます。

試しにとろける重層スクラブ洗剤を使用せずに、一般のお風呂用洗剤を使って極細ブラシ付き専用スポンジで掃除してみましたが、思うほどすっきりとは落ちませんでした。

価格もお手頃で、こするのもそれほど力は使わず今まで憂鬱だったお風呂の床掃除がこんなに
すっきり落ちてくれるので、楽しくお風呂の床を掃除できるようにしてくれた、小林製薬さんに感謝しています。


強力カビハイターを使用する際の注意として

体調が優れない時や心臓病・呼吸器疾患などの方は使わないで下さい。
窓や戸を開ける・換気扇を回すなど必ず換気をしましょう。窓や戸を2箇所以上開けると、
空気が流れるので効果が高い換気ができます。
入浴中は絶対に使用しないでください。
塩素系の洗浄剤なので、酸性タイプの製品と一緒に使うと有害な塩素ガスが出て危険です。
使う時は十分に注意しましょう。


お風呂の錆の落とし方

お風呂にありがちな錆!
ヘアピンを置いたままにしていた時の錆や、T字かみそりの替え刃を置いたままにしてしまってついた錆などを落とすのにはクリームクレンザー ジフレモン を使用しています。

錆を落とす際には、クレンザーの効果を最大限に引き出す為にスポンジなどは使用せずに、
ストッキングやジーンズ生地などにクレンザーをつけてこすっていけば、簡単に落ちます。