本文へスキップ

その他



その他掃除方法


洗面台

洗面台は手を洗ったり、顔を洗ったり、歯を磨いたり、色々なシーンで石鹸や洗剤を流しますがその汚れカスが少しずつ残っては乾き 残っては乾きを繰り返すとこびり付いた汚れになっていきます。



洗面台など陶器の表面の汚れを落とすのに重宝するのがクリームクレンザーです。
不織布やスポンジにクリームクレンザーを適量つけて、磨いていきます。

その他に、陶器製のトイレの便器や給水タンクの上にある手を洗う部分の水垢や汚れ等も簡単に落とす事が出来ますが、 クリームクレンザーが残らないようにたっぷりの水で流してください。

クリームクレンザー自体お手頃な価格ですが、さらに安いクリームクレンザーも販売していますが粒子が粗いのでしょうか? 「用途/使える所」に陶器が書かれて無いクリームクレンザーもあるので注意して購入し汚れをガンガン落としてください。

我が家で使っている「クリームクレンザー ジフレモン 」はすすぎも簡単で、シンク・ガスレンジ・陶磁器・お風呂の床等イロイロな場所 の汚れ落としに重宝します。

風呂場での飛び散った染料の落とし方

白髪を染めたり、おしゃれ染めをお風呂場でやった場合に、染料が湯船等に付いた時の落とし方を紹介です。
染料には酸化剤が使われているので、吸水性のある物は落とせません。
激落ち君で擦ったり、コットンにクレンジング剤を付けて擦ったり、またはコットンに徐光液を付けて擦り落とす等、色々な方法がありますがやはり強力カビハイター がお薦めです。
カビハイターをたっぷり散布し、壁などはキッチンペーパー等を壁にあてたまま散布すればそのまま壁に張り付きます。
30分程浸け置きすればキレイに落ちます。まだ跡が残るならカビハイターをスポンジにつけて擦ったらキレイになります。

洗濯機の掃除

毎日使っている洗濯機の掃除?と思われるかもしれませんがステンレスの洗濯槽は見た目はキレイですが洗濯槽の裏側はエライ事になっているとは誰しも思わないと思います。
溶け残った洗剤・石けんかす・垢や泥などがこびりつき風通しが悪い場所なのでカビが生えやすい場所になっています。
洗濯物に黒いピラピラしたものがついたり変なニオイがしたら危険信号です。
分かりやすいのが糸くずフィルターを外すとカビの状態が分かります。


白いプラスチックの部分の糸くずフィルターが付いていて外すとこのようになっていたら最悪です(汗)この黒いのはカビですので洗濯槽の裏も同じような状況だと思ったほうがいいと思います。
塩素系の洗濯槽カビキラー(ジョンソン)や万能洗剤と言われる重層がありますが、今回は水に溶けると活性酸素出し酸化力で頑固な汚れを分解する酸素系漂泊剤(過炭酸ナトリウム)でやりました。


10ℓにつき酸素系漂泊剤(過炭酸ナトリウム)を約100gを目安に入れます。
45℃~50℃のお湯を使うとよりいっそう落ちますので我が家ではお風呂終わりに追い炊きをして使用します。
洗面器である程度過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を溶かして洗濯槽に入れて3分程回して一晩置きます。(浸ける時間が長いほど効果が出ます)
翌朝そのままの状態から洗濯スタートして下さい。
汚れ具合によると思いますが・・・我が家では3回廻してようやく石鹸カスや黒いピラピラが出なくなりました(汗)
除菌効果が高い塩素系(洗濯槽カビキラー等)洗剤でもう一度回せば除菌効果はかなり高いです。


この様になりましたが洗濯槽の裏側もこの様になっていることを願いたいものです。
翌朝も処理に時間がかかるので計画を立ててやる事をおススメします。

その他に酸素系漂泊剤の使い方としておススメしたいのは台所や洗面所の排水管です。
台所や洗面所の排水管は真っすぐ下に伸びていなく途中で曲がっており、曲がった部分には絶えず水が溜まるようになっており、この曲がった部分をトラップといい臭いや虫を通さないようにしています。
自宅の排水管がPトラップ・Sトラップ・トラップU管なら水が溜まっている部分の掃除を洗濯機のようにお湯を流して酸素系漂泊剤を流し込み一晩おけば水の流れは良くなった気がしましたので試してみてください。

車のメンテナンス用品

ここでは、私が気にいっている掃除用品とメンテナンス用品を紹介させてください。

  
上の写真は愛車のサイドミラーのプラスチック部分です。

左の写真がメンテナンス前で、右の写真がアーマオール を塗った写真です。
アーマーオールは、ダッシュボードや車内のプラスチック部分・車外のプラスチックバンパーの他、タイヤなどにも使え、使用感もよくゴム製品のケアに適していて仕上がりもツヤツヤになります。
バイクなどのブラスチック部分が多い物にも使えて新車の時の光沢が保てるので、昔からお気に入りの商品です。
先日、タイヤをアーマーオールでケアしていたお陰でひび割れもなく、新車から6年間7万キロ使用したタイヤを新しいタイヤに履き替えました。
会社の後輩の車は、新車から2年目にも拘わらず量販店でのタイヤ用のスプレーワックスを使用していましたが、タイヤのサイド部分がひび割れをしていました。
私が持っているアーマーオールを後輩に貸したら、気にいったようで空になって返ってきました。

  
上の写真は、車の後部座席のガラス窓ですが、右と左の違いが分かりますか?


この写真なら分かりやすいと思います。
リアハッチのガラスですが、写真の左が施工前で右が施工後です。
この施工は、ソフト99(SOFT99) G-42 ガラス用コンパウンドZ を使用しています。
私は、シュワラスターを使用しているせいか、ガラス窓につく油膜がひどく感じていました。
雨が降ると、ガラス窓についた油膜のせいで視界が悪く大変な思いをしていました。
フロントガラスだけじゃなくサイドリアとガラス窓全部をコンパウンドZで油膜を落として快適な運転が出来ています。
ソフト99(SOFT99) ガラコ 04115 などの撥水剤を施工する前にコンパウンドZで油膜を落とせば撥水剤の効果は上がると思います。

車のメンテナンスについて更に詳しく書いたので、興味のある方は見て下さい。
車のメンテナンス

ブラック&デッカー

大型家電量販店のケルヒャーなどを置いているコーナーの片隅に置いてあったブラック&デッカー・キッチンスクラビーベーシック Z-PKS150B を見つけました。

単三電池4本で約2時間使用出来て、毎分170回転する品物で驚きなのが完全防水なのです。
単三電池が電力なのでコードがないので、好きな所で使えるのが最大の魅力です。

汚れがこびりついた鍋やフライパンの焦げ付き、その他キッチンのガスコンロ周りの吹きこぼれなどを落としたり、お風呂の頑固な床の汚れなどを落とすのに重宝していますが、我が家では特に水槽のコケをとるのに重宝しています。

下の写真にもあるように、ブラシとパッドがついているので洗浄の用途が広がります。
電源が電池となめていたのですが、かなりの強さで押しつけてもモーターは止まることなく
ぐいぐい回ってくれるので汚れが面白いほど落ちます。