ヘッドライトの黄ばみ取り



ヘッドライトの黄ばみ取り

長年乗っているとドアバイザーのプラスチック部分がくすんできたり、ヘッドライトも「黄ばんで」きたり「くすんで」きたりして、車自体が古ぼけてみえます。

 

樹脂製のヘッドライトの材質はポリカーボネイトと言う素材で出来ており強度は強くヘッドライトには最適と言われています。
表面には「ハードコート」処理がされておりそのハードコートが太陽光の熱や紫外線により劣化し、表面が黄ばみんだりくすみがでたりします。

 

ハードコート被膜を除去してレンズ表面汚れを落とし、鏡面研磨してから再コーティングをしてくれるサービスをやっているところや、ピカールやペーパーで磨く事も考えたのですが、カー用品コーナーで手軽そうなウィルソン(WILLSON) ヘッドライトクリアminiを購入して試してみました。

 

 

 

 

 

 

箱の内容は、商品本体1本(左側のボトル)・研磨ブロック1個(右側の青いスポンジ)・研磨用クロス2枚(手前の薄いクロス)・吹き上げ用クロス1枚(真ん中のクロス)となっています。

 

使用方法は・・・汚れたまま磨くとキズの原因になるので、使う所についたホコリや砂等を洗い流し、水気をキレイにふき取ります。
付属の研磨ブロックに研磨用クロスをしっかりと巻きつけます。使用前に商品本体のボトルをよく振ってから本液を適量とり、一定方向に若干力を入れながら磨いていき

ます。磨きが終わったら付属の拭き取りクロスで拭き残しがないようにふきあげます。
使い方は簡単で力もいらず、私のバモスのヘッドライトの黄ばみもひどくなかったので1分もかからない作業でした。

 

「WILLSON ヘッドライトクリアmini」は2種類のUVカット成分が配合されています。
成分の1つは・・紫外線反射剤は紫外線を反射してヘッドライトへの侵入を防ぎます。
成分の2つ目は・・紫外線吸収剤は反射しけれなかった紫外線を吸

収します。紫外線を防ぐ事によりヘッドライトの黄ばみ・くすみの予防になります。

 

左の写真は研磨ブロックに研磨用クロスを巻きヘッドライトを磨いた後の汚れです。いとも簡単に落ちたので拍子ぬけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアバイザーも磨いてみましたけど、非常に伝わりにくいです。
ドアバイザーに映っているトラックの前方と後方の鮮明度が違うのがわかって頂ければ幸いです。
「WILLSON ヘッドライトクリアmini」と言うわりには少しの量で黄ばみが落ちるので、ドアバイザーやテールランプなど色々のプラスチック部分に使えるとおもいます。