エンジンオイルの交換方法



エンジンオイルの交換方法

 

私のバモスはターボ車なのでエンジンが縦置きになっています。ターボ車と4WDのオートマ車以外のバモス・アクティーは左側の後部にガソリンの給油口の様なリッドからオイルを入れるのですが、私のバモスはターボ車なのでオイル交換の度に荷物を降ろして、カーペットをめくります。

 

 

 

 

 

 

蝶ねじを4本外すとエンジンルームリットカバーが外せてエンジンが見えます。
エンジンルームはこんな感じになっていて後ろから見て中央よりやや右側、オルタネーターの奥にオイルゲージがあります。

 

 

 

 

 

 

 

アップにするとこんな感じで、丸くなっている太い針金の様な物がオイルゲージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろから見てエンジンルームの左奥にオイルを入れる所があります。
5000キロのオイル交換の度に荷物を降ろして面倒くさいのですが、エンジンが後ろにある事で運転席は静かで、シートの下からは熱気が来ない!バモスの最大の魅力なので仕方ないですね。

 

 

 

 

 

 

運転席側後部座席の下の方にオイルを抜くドレンボルトがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側後部座席の下からエンジンルームをのぞくとオイルフィルターがみえます。
オイルフィルターは外せば廃棄するだけなので少々力を入れへこんだりしても良いのですが、フィルターを装着する時は工具は使わずに両手で「グッグッ」閉め込むぐらいで十分です。

 

 

 

 

 

バモスターボの注意点はデフオイルがある事です。
ホンダのATFオイルは粘度が違うので純正以外を入れると、変速のタイミングが変わったり不具合が生じる!って聞いていたので2万キロ毎に最寄りのデーラーでATFを交換するのですが、バモスはリヤエンジンだからデフは?っと疑問に思いデフオイルの事を聞いたら「無いですよ」と言われたので信じていました。ある日馴染みの修理屋の雑談の中で「デフオイルの交換もしている」って話になった時に、デーラーでの会話をしたら「よく勘違いするんだよ」って教えてくれました。写真は右側後輪のホイルハウスからのデフオイルのドレンボルトの写真です。

 

ATFオイル(規定量はマニュアル1.2L・3速オートマチック2.0L・4速オートマチック1.9L)・デフオイル(規定量は4速オートマチック0.59L)等は特殊な道具がいるので自分では中々出来ないと思いますけど、エンジンオイルは手軽に出来ると思います。
自分でオイル交換をしたら廃油の処理等も考えなければなりません。近くにお手頃価格でオイル交換が出来る所があればショップに頼んだ方が妥当かもしれません。

 

参考までに・・・A/Tミッションオイルをディーラーで交換した場合はオイル代(ATF−Z1)1.9Lが2373円+工賃2835円
デフオイルは民間の整備工場で交換した場合はオイル代(デファレンシャルオイル)1500円+工賃1000円です。
エアーエレメントやVベルトの交換も忘れずに定期的にやって下さい。エアークリーナーエレメントの交換での部品代は1800円+工賃500円になります。
Vベルトの交換は、ファンベルトの部品代が1440円+クーラーベルトの部品代が1440円+工賃6800円なので同じ工賃を払うなら、ファンベルトとクーラーベルト同時に換えるのをオススメします。
金額に関しては地域差があると思うので参考までにして下さい

 

エンジンオイルの規定量は・・・オイル交換時・・マニュアル&3速オートマチックが2.5L・4速オートマチックが2.8L・・・オイル&オイルフィルター同時交換時・・マニュアル&3速オートマチックが2.7L・4速オートマチックが3.0Lとなっています。