バモスのメンテナンス



車はホンダバモス・型式はABA−HM1・原動機の型式はE07Z・初期登録は平成17年10月なので、2004年4月(平成16年4月)の発売モデルの、2WDのSパッケージ(ターボLタイプに設定)です。
車量重量1030kg(前軸重480kg・後軸重550kg)で純正で前後13インチ専用アルミホイル155/70R13が付いていましたが、
新車の時にアルミホイルを5.5J14インチに155/55−14に変更しタイヤはブリジストンのプレイズをチョイスしました。燃費消費率は10・15モードで14.8km/?が基本情報です。

 

車の維持費にはお金がかかるし、日頃のメンテナンスにもお金がかかります。
日頃車を使っていて気になるのが燃費です。
プレイズの時の燃費は夏場にエアコンを使えばリッター10km前後で冬場でリッター12kmぐらいでした。
街乗りはせずに、主に通勤で片道20kmでのデーターになります。
初代のプレイズは7年間履き78000km使いひび割れもする事なく、綺麗に履き潰しました。

 

左の写真は二代目のブリジストンのエコピアEX10です。
宣伝でも言っていますが本当によく転がります!
エアコンを使う夏場でリッター12km
冬場でリッター14kmという数字が普通に出ます。
プレイズ

と比べると同じサイズの割には接地面が若干狭くなっている感じがするし、縦溝が太くなっているので摩擦を軽減しているのでしょう。
残念な事に腰が固い?ゴム質が固い?プレイズの方がゴツゴツ感がなく乗り心地は良かったです。
エコピアEX10はよく転がす事で燃費が良くなるので、何も考えずに運転すると、良く転がるので必要以上にブレーキをかける事になるのて注意して下さい。
先方の状況をよく見て、早めにアクセルをオフにしてひたすら転がす転がす!時速30kmまで減速してからの転がりにはビックリすると思います。

 

タイヤごときで燃費が良くなるはずがない!と言う人もいると思いますが、ミライース等の低燃費車等の純正タイヤにも採用されています。
燃費はメーカー発表の8掛けぐらいの11.84km位が妥当と思っていたけど、エコピアでリッター12〜14kmと満足しています。

 

2013年現在ガソリンが高騰し家計を直撃し、その余波は私のお小遣いにまで及んできました。
低燃費車の走りのダイハツ・ミライースがJC08モードで33.4km/Lをはじめトヨタ・プリウスがJC08モードで32.6km/Lや、ホンダ・フィットがJC08モードで36.4km/Lと一昔では考えられない数字です。
ハイブリットシステムやアイドリングストプ装置などを搭載していても低価格で販売しており、リッター1・2km延びて喜んでいるよりもそろそろ買い替えも視野に入れる頃かと思っています。
買い替えの時に今の車が少しでも高く買い取ってもらえば、ランニグコストも抑えられればワンランク上のグレードが狙える可能性も出てきますよ。

 

私は大手の業者で査定を頼む予定です。

 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定