本文へスキップ

お風呂の鏡



お風呂の鏡掃除方法


お風呂の鏡

一番最初にお風呂に入ったらさほど気にはならないのですが、二番目・三番目になると湯気のせいでお風呂の鏡が曇りますよね?

シャワーで流して曇りを取ってもも鏡についた白い水跡(白くカサカサしたもの)のせいで鏡がくすんでいませんか?

お風呂の鏡の垢(ウロコ状)の正体は、シャンプーや石鹸と水垢が交じり合ったも[自分の体の汗
(水性)と皮脂等(油性)と石鹸(陰イオン界面活性剤+添加成分)]であることが多くその他、水道水中に溶けているカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが蒸発したときに化合物として出たものです。
その付き具合は、お住まいの地域の「水道水の質」にもよります。

付いてから短期間の場合は落ちやすいですが、長期間放っておくと、プロでも落ちない頑固な汚れになってしまいます。

お風呂で髭を剃る私にとっては、お風呂場の鏡が曇っているのはかなり困ります。
ネットで見つけた鱗状被膜除去クリーナー「ラグロン グラマークII 」を試してみました。
鏡・ガラス面を水で洗浄して付属の専用バットに本剤を取りだし、鱗状の汚れの付いた鏡・ガラスを軽くこすっていきます。
汚れがひどく感じる時は、本剤を多めにして少し力をいれてこすってやれば綺麗に落ちました。
本剤はクレンザーを少し粘りを強くしたようなものなので鏡・ガラス面にへばりつくような格好になるので最後は多めの水で流してやればスッキリします。










-->