本文へスキップ

お風呂のカビ



お風呂のカビ掃除方法


お風呂のカビ

お風呂の洗面器カウンターの下の画像です。


   
角のゴムパッキンのカビと床についたカビに注目!



   
ここで私の大好きな強力カビハイターを惜しみなく散布します。
強力カビハイターを散布する前に水気があると強力カビハイターが流れてしまうので
水気がある時は強力吸水クロス シャムワウ で水気を取るようにしています。





   
散布した後、我が家では泡がシンナリするまで放置します。
ここで焦ってしまうと効果が半減するので、じっと我慢して下さい。



  
床と壁のゴムパッキンのカビが綺麗に落ちました。




我が家では、基本的にお風呂場のカビには強 力カビハイターを使用しています。
浴槽の周りには壁とのゴムパッキンや、サイドパネルとのゴムパッキン、パネルとパネルの間の
パッキンや、窓の周りのシリコンシールなどあらゆるゴムパッキンのカビを落とすのに重宝して
います。
見落としがちなのが、浴槽の扉周りのカビです。
汚れていても、さほど気にはならないのですがカビハイターで落として綺麗になった所を見ると、
やはり結構汚れていたのだと感じます。

最近の風呂はミストサウナなどの機能が付いているので浴室内にお風呂に入る以上の湿気が溜まるので、水がかからない所にもカビが繁殖しがちなので、お風呂場全体に目を光らせた方がいいと思います。

乾燥の際も天気が悪い時に浴室乾燥機で洗濯物を干して一気に乾かすので、カビが生えやすくなるので、気が付いたらこまめに掃除をする事をオススメします。

その他にタイル地のカビなどを落とすには直接散布しても良いのですが、根深いカビを落とすにはまず表面の汚れとカビを先に落としてカビハイターを散布すれば根深いカビも落ちやすくなります。

カビが発生する前にカビを防ぐ商品があります。
落としても、落としても生えてくるしつこい黒カビの発生原因は天井に潜んでいて、壁や床に生えた黒カビをいくら一生懸命落としても天井からカビ胞子が広がって、またすぐに生えてしまうのです。
ルックおふろの防カビくん煙剤は、カビ原因菌をまるごと除菌しカビが生えにくくなりカビ掃除がラクになります。
また塩素非使用だから面倒な準備は不要で、浴室が濡れていても乾いていても使えます。
浴室の小物類や子供のオモチャ・歯ブラシなどを事前に外に出す必要はありません。
(口に入れるものは、水ですすいでからお使いください)

ルック おふろの防カビくん煙剤 は、黒カビを落とす効果はないので使用前に目立つ黒カビを落とし水を入れ浴室の中央に置き煙が出たら、浴室の扉を閉め1時間半以上放置した後、充分換気をすれば、防カビ完了です。
水で洗い流す必要もないし価格も据え置きなので手軽に試してみてはいかがでしょうか?

強 力カビハイターを使用する際の注意として

体調が優れない時や心臓病・呼吸器疾患などの方は使わないで下さい。
窓や戸を開ける・換気扇を回すなど必ず換気をしましょう。窓や戸を2箇所以上開けると、
空気が流れるので効果が高い換気ができます。
入浴中は絶対に使用しないでください。
塩素系の洗浄剤なので、酸性タイプの製品と一緒に使うと有害な塩素ガスが出て危険です。
使う時は十分に注意しましょう。