本文へスキップ

フローリング



フローリング掃除方法


フローリング

快適なフローリングライフを楽しむためには日頃の手入れが大切で、畳には畳の手入れが方法があり、カーペットにはカーペットの手入れ方法があるように、フローリングにも適したお手入れの方法があるのです。

1.毎日のホコリ取りを行う事。
2.こびりついた汚れには、最小限の水を使って拭き掃除。
3.定期のワックスがけを怠らない。

美しい光沢を持ったフローリングの中で生活するためには、この3つのメンテナンスをしっかりと行ってください。


1.毎日のホコリ取りを行う事。
フローリングの部屋で気がつくのですが、畳やカーペットの部屋と比べてホコリがすごく気になります。
日頃こんなにホコリに囲まれていたのか、とビックリするような量でしかも拭いてもすぐにホコリは付着します。
フローリングの部屋が特別にホコリの発生量が多いわけではありません。
その原因はフローリングが畳やカーペットと比べて表面にホコリを絡めてくれないことにあります。
空中に舞い上がっているホコリの量は私たちが思っているより多く、キレイにしても、
時間の経過とともに舞っていたホコリが少しずつ床面に落ちてきてしまうのです。
そのままホコリを放置したら、見た目が不衛生でフローリングの表面に傷をつけてしまうかもしれません。
たまったホコリの上をスリッパなどで歩くことにより、ホコリがスリッパとフローリングの間でこすれて、ヤスリのような役目をこなし、表面をキズつけてしまう可能性があります。


2.こびりついた汚れには、最小限の水を使って拭き掃除。
普段の汚れはカラ拭きで十分。
こびりつき系の汚れを見つけた時に水拭きをすれば、フローリングを美しく保つことができます。
毎日のように大量の水を使った水拭きをすると、余計な水分をフローリングに与えることになり、反りやひび割れの原因となるので注意してください。
広い割合を占めるフローリングの拭き掃除は雑巾の水気が早くなくなったりして掃除がはかどらず腰も痛くなったりするので、我が家ではケルヒャーのスチームクリーナーを使い、アクセサリーの
フロアノズルで定期的に手入れをしています。
ポイントとしてはフローリングは水気に弱いので天気の良い日に窓を開けて風通しを良くして行うようにしています。

ケルヒャースチームクリーナーの詳しい使い方はこちらをご覧ください。

汚れを見つけたら放置せず、拭き取る習慣をつければ“こびりつき汚れ”は出来ません。
部屋や洗面所など歩いている時に、ネチャネチャってスリッパが言い出したらフローリングが
汚れてきたサイン!そのフローリングの汚れを落とすには拭き掃除しかないと思います。
水拭きしたり、マイペットを使って二度拭き三度拭きしていましたが良い洗剤を見つけました。
暮らしの重曹せっけん です!いままでなかなか重層重層と言われているわりには、
重層のパワーを実感出来ずに重層を敬遠していましたが、重層+せっけん?もしや?と思い
試してみたら手軽に汚れが落ちたのにびっくりしました。試してみてください。


3.定期のワックスがけを怠らない。
定期的なワックス掛けはフローリングの表面を被膜でコーティングするので傷みを防ぎ、美しさを保ちます。

ワックスを掛ける前にはフローリングをキレイに掃除してください。
ホコリや汚れが残っているとそれらもそのままコーティングすることになるので、
普段以上に掃除してください。
ワックスがけをやろう!と思ったらまず、道具が揃っているかを確認して、作業の途中で買出しに行く、なんてことにならないようにしましょう。
なぜなら、ワックスがけの作業が終わらないと移動させた家具などを戻せないので元の生活空間に復元ができません。
ワックスがけの作業は中途半端に終えることができないので計画的に準備をして短時間に集中して終えることが大切です。

広いスペースを一気に塗る時はリンレイのオールワックスワイパーモップ を使うと綺麗に早く塗れます。

トイレなど狭いスペースに塗る時は、リンレイ ワックスかんたんワイパー ハンディタイプ を我が家では使っています。


ワックス掛けのコツとしては、部屋の奥から出口に向かって塗っていきます。
塗ったのはいいけど外に出られないなんてことにならないように注意しましょう。
フローリングの目に沿って、ワックスが均一にのびるように軽く床を滑らせるように塗ます
この時、乾き始めているところは重ね塗りをしないでください。ムラの原因となります。

我が家では天気の良い日に窓を開け、風通しを良くして作業に取り掛かります。
ワックスの乾きが早くて効率がいいですよ。


ワックスをすでに3〜4回塗ってある場合は、一旦ワックスを剥がしてから塗るようにします。
何度もそのまま塗り重ねるとムラができたり剥がれやすくなったりします。

右側がワックスを剥がした状態で左側がすでに4回重ね塗りした状態です。
左側の中央にある液体はワックス専用剥離剤です。


剥離剤でワックスを剥がした状態です。
古いワックスは経過とともに劣化し変色する事が多く、そこに埃やスリッパの汚れなどが付着して
フローリング自体が黒ずんできます。




リンレイのフローリングワックスなどは、どこにでも売っているのですが
このリンレイワックスはがし上手 は、ホームセンターやドラッグストア、大手スーパーなどでもなかなか売っている所がなくて探すのに苦労した商品です。