本文へスキップ

アルミサッシ



アルミサッシ掃除方法


アルミサッシ

サッシの溝の汚れはほとんどが砂や泥などの汚れなので、比較的簡単に落とすことができ、
掃除機をかけるときに合わせて、コジット すきまノズル でお掃除すればゴミは取れますが、溝に入り込んだホコリやこびりついた泥汚れにはこんきが要る作業になります。

サッシの溝に入り込んだ細かな汚れを取る方法としては、マイナスドライバーや割り箸の先に布キレを巻きつけてこすり落とすという方法もありますが、楽に掃除するためにはアルミサッシ専用の掃除ブラシ、アズマ ニューサッシブラシアイワ ニューペットボトルブラシ を使うことをおススメします。
ブラシの幅はサッシの溝に入り込むサイズで溝をスムーズに掃くことができるし、サッシに入り込んだホコリも取りやすいように、ブラシの先端が細く長めになっています。
また柄の手元はヘラ状になっていて、こびりついた汚れをこそぎ落とす工夫がされています。
ペットボトルブラシを使う際には水をたっぷりと使うのがより綺麗に流し落とす事ができます。
水をたっぷり使うため、小雨の日か翌日が雨の時に掃除をすれば、外壁やマンションの廊下などに汚れた水が流れだしても気になりません。


 
写真はアルミサッシの左下にあるストッパー?です。


 
マイナスドライバーで軽くこじってやるとストッパーが取り外す事が出来ます。
その下には丸い水抜き穴が二つと手前の溝にも水抜き穴があり、ストッパーを取り除く事によって気持ち良く汚れた水が流れ出るので作業が早く終わります。